2009年9月8日火曜日

JavaScriptで素数を計算して動的に表示する

このブログ記事をはてなブックマークに追加

JavaScriptを使って素数を計算して、それを動的に表示してみた。今更という感じもするけど、10行そこそこでこのような動的な表示ができるというのは、とても便利だと思う。とは言え、普段はあまりJavaScriptを使ったHTMLは書いてないな。

までの素数


テキストボックスに数字を入力すると、その数までの素数を計算して表示する。最大入力桁を5桁にしたので、99,999までの素数を求めることができる。括弧内の数値は求めた素数の数を示す。

複数のブラウザ(Google Chrome, Firefox, IE8, Safari4)で確認してみたけど、最近はどのブラウザもJavaScriptが速い。今後、ますますJavaScript、特にAjaxなどは要の技術になっていくのだろうな。

以下にソースを示す。

<script type="text/javascript"><!-- function calcPrimes(data) { var primes = []; if (data.value >= 2) primes.push(2); for (i = 3; i <= data.value; i += 2) { for (j = 0; i > primes[j] * primes[j] && i % primes[j] != 0; j++); if (i < primes[j] * primes[j]) primes.push(i); } document.getElementById("primes").innerHTML = primes.length ? " (" + primes.length + "): " + primes.join(", ") : ""; } // --></script> <form><input type="text" size="5" maxlength="5" onkeyup="calcPrimes(this)">までの素数<span id="primes"></span></form>

0 コメント: