2008年10月19日日曜日

2D物理演算ソフトウェアPhunを楽しむ

このブログ記事をはてなブックマークに追加

2D物理演算ソフトウェアのPhunは楽しい。Phunと云う名前自体が、Physics(物理)+Fun(楽しむ)の造語であり、名が体を見事に表している。

物理演算と聞くとなにやら難しそうだが、このPhunは少しも難しくない。もちろん壮大な設計図のもと、緻密で複雑な機械を作ろうとすれば大変だろうが、とりあえず四角や丸の置物、バネや水を出してみたりといったことはマウス操作でちょちょいのちょいだ。3歳の子供だってできるのだから誰にだってできるだろう。



まずはここに掲載されているPhunの動画を見て欲しい。ちょっとばかり楽しい気分になれる。因みに自分はリトルビッグプラネットのβテストが終わってしまったので、発売日までそれに代わる類似ソフトを探していたところPhunを知った。もしPhunを少しでも楽しめたのならリトルビッグプラネットに嵌ることは間違いないと思う。

0 コメント: