2010年3月1日月曜日

AndroidからPythonでTwitterに投稿する

このブログ記事をはてなブックマークに追加

AndroidにASE (Android Scripting Environment)を入れてから楽しくてちょくちょくいじっているのだけど、Pythonに初めからtwitterモジュールが入っていることに気が付いたので使ってみた。

普段はAndroid端末(HT-03A)のTwitterクライアントとしてTwidroidを使っているのだけど、最初の立ち上げでタイムラインを取得しに行くのでちょっとだけ待たされる。あまり気にはならないけど、つぶやきをサクっと投稿したいだけならタイムライン取得は無駄なので、投稿専用のスクリプトを組んでみることにした。以下がそのコードだ。起動するとダイアログが出るのでつぶやきを書いて送信するだけだ。送信が完了したら画面に投稿したつぶやきが表示されて終了する。

# -*- coding: utf-8 -*- import android, twitter droid = android.Android() t = droid.getInput(u"Tweet", u"いまどうしてる?")["result"].strip() if t: api = twitter.Api("username", "password") api.PostUpdate(t) droid.makeToast(t)

これはすべてAndroid上でコーディングしたものだ。短いし、せいぜい数分もあれば書ける。書き終わったらそれをそのままホーム画面にショートカットアイコンとして登録すればいい。他にも、bit.lyのAPIを使って短縮URLを実装したり、サービスとして起動させ、特定のキーワードに引っかかったときにAndroidに通知させたり、メールを送信させたりすることも簡単だろう。やはり、スクリプトが使えるといろいろできて面白いな。

5 コメント:

鷹之丞 さんのコメント...

これは楽しい。続編楽しみにしています。

nox さんのコメント...

コメントありがとうございます。
楽しんでもらえて何よりです。

droid.startSensing()
sensors = droid.readSensors()

これらのAPIでセンサーいじるのも面白いです。

hemanth.hm さんのコメント...

Needs a fix for outh now!

nox さんのコメント...

Hi, hemanth.hm

Please check the below URL.

http://handasse.blogspot.com/2010/05/oauthandroidpythontwitter.html

Blogger さんのコメント...

Did you know you can shorten your links with AdFly and get dollars from every visit to your shortened urls.