2007年8月31日金曜日

世界陸上2007大阪

このブログ記事をはてなブックマークに追加

毎日新聞によると手配ミスでエリトリアの選手がホテルの床で一夜を過ごしたらしい。酷い話だ。実は話はこれだけに留まらず、ボランティアや職員のシフトが主な原因でいろいろと問題が出ているらしい。詳しいことはGIGAZINEの「世界陸上」の真の裏舞台、運営がむちゃくちゃで現場は大混乱がまとまっていて分かりやすい。

そにれしても知れば知るほど酷い話だ。個々の事例は良くあるお役所主義やだめな会社・できない社員ということでありふれたものだけど、舞台が世界陸上だとそれがそのまま日本の評価に繋がることになる。実際にIAAF(国際陸上競技連盟)から運営が酷いということで怒られているらしい。日本人として恥ずかしい。運営は大阪で、日本だけの話だったら「大阪つかえねぇ」で済む(?)ところだけど、世界を相手にした仕事なんだからホント頼みますよ。それに、志を持って駆けつけたボランティアの方もかわいそうだ。

1 コメント:

nox さんのコメント...

誘導ミスまで起こる始末…。最悪。