2007年9月30日日曜日

遅いPCはいらない

このブログ記事をはてなブックマークに追加

仕事なりプライベートなりでPCはよく使う。しかし、最近特に動作の遅いことにイライラすることが多い。前に比べて自分が短気になったとかそういうことじゃないと思う。以前からも動作が遅いときにはイライラすることは普通にあったし。そういえば自分が子供のころはクソゲーの条件で最初に挙げられていたのが「動作が遅い」だったな。その当時から、とにかく動作が遅いだけですべてを台無しにすると思っていた。

まず、いつまでもHDDをカリカリ読み込んでいる時点で終わっていると思う。CPUだけ速くてもだめだ。これからのPCはこれを何とかしないと将来に期待が持てない。すべてオンメモリにするとか。それに肥大化したアプリケーションを何とかしないと。中間言語を使うソフトウェアもひどい。JITコンパイラも最悪だ。Javaと聞いただけで背筋が寒くなる。とにかくどれもこれも初期化に時間がかかるのだ。

また、起動や終了もひどい。自分の使っているノートPCを起動してすべてのスタートアップを読み込んでHDDが静かになるまで(ここが重要!)5分かかり、シャットダウンが完了するまでに2分半かかった。いい加減にして欲しい。つけて消すだけで7分半ですよ。飯が食い終わります。

とにかく、これがサクサクスイスイ動くのなら、今の10倍以上の速さで仕事をこなせると思う。そんな素敵なPCでないかな。少々値が張っても絶対買うと思う。

そういえばこの記事を書いていて一つ気が付いたことがある。CUI、いわゆるコマンドラインでのプログラムにイライラすることはほとんどない。それはプログラムに時間がかかったとしても、それを待っている間にほかの事ができるからだ。実行する前のコマンドライン入力自体で待たされることがないからだ。一方、GUIだとまず画面が表示されるまでに待たされる。その間、何もできない。この違いは決定的だ。

一つのプログラムだけ利用するならばGUIでも問題ない。しかし、PCは一つのプログラムだけで使うものではない。複数の様々なプログラムを同時に利用するのだ。

0 コメント: