2008年6月20日金曜日

ActionScript 3.0のコーディング規約

このブログ記事をはてなブックマークに追加

最近、ActionScript 3.0のコーディング規約を知った。

Flex SDK coding conventions and best practices
ActionScript 3.0 コーディング規約の日本語訳

これが正しいとすると、自分の書いたコードは結構間違っていたりする。こういった規約が定まっているなら今度からはこれに従ったほうが良さそうだ。

基本としては、アンダースコア方式(単語と単語の間にアンダースコア_を挟む。例…underscore_style)は使わないで、クラス名にアッパーキャメルケース(UCC、単語の先頭を大文字にして連結させる。例…UpperCamelCase)、メソッド、変数、パッケージ名などにローワーキャメルケース(LCC、単語の先頭を大文字にして連結させるが最初の文字だけ小文字にする。例…lowerCamelCase)を用いるようだ。あとは、パッケージ名は名詞で、メソッドの先頭は動詞を使うとか。

個人的にはあまりLCCは好きじゃないんだけどな。でも、プログラム言語によってコーディングスタイルをかなり変えているにも関わらず、あまり混乱することはないなぁ。行末の「;」などは時々間違えることがあるけど。

0 コメント: