2008年6月25日水曜日

そろそろ知ってもいいんじゃないかな、PS3がどれだけ凄いかを

このブログ記事をはてなブックマークに追加

一年以上前に、PLAYSTATION 3を購入した。このときは、Cellでアレゲに遊ぶぐらいのつもりだったのだが、どうしてどうして、PS3がここまで凄いとは。これは嬉しい誤算だった。ここ数年で買ったものの中でもっとも満足度の高い製品だ。そして、こんなに素晴らしいものを多くの人は知らないで(もしくはマスコミなどの偏見に騙されて)、使わずにいるなんて損をしているなぁ、と思ってしまうのだ。

ここではPS3の良さを述べているわけだが、私は別にソニー製品のファンというわけではないし、基本的にメーカーにはこだわらない方だ。良いものは良いし、悪いものは悪いのである。現在使っているノートPCはPanasonicだし、ヘッドホンはBoseだし、ディスプレイは三菱で、デスクトップPCはBTOだ。ゲーム機にしたって任天堂製品も使っている。節操がないようにも見えるかもしれないがそれぞれ自分なりに吟味して選んだものばかりなのだ。例えば、ノートPCはNEC、ソニー、Dellなどを使ってきているし、ヘッドホンもいろいろと購入している。BTOのPCにしても複数のショップから購入してどの店はどの点が良くてどの点が悪いのかを自分なりに分析している。とにかく自分で多くの製品を使ってみて、納得の行く本当に良いものだけを残すようにしているのだ。もちろんそのときは最高のものだと思っていても後でより良いものが出てきたりするわけだが。

しかし、世の中の多くの人々が、マスコミやネットの情報に踊らされ、自分では何一つ確かめていないのに、さも知っているかのような感覚に囚われ、良いものを悪く、悪いものを良く感じてしまう。しかも、悪いものしか知らないから本当に良いものが理解できないのだ。これは何もPS3に限ったことではなく、自分の周りだけ見ても様々なレベルで日常茶飯事に起こっていることだ。まずは、周りの情報に踊らされることなく、自分の目、耳、手を使って情報を集めて欲しい。本当に良いものが埋もれてしまうのはすべての人の不幸である。

もっとも、PS3に限っていえば、埋もれてしまうことはなさそうだ。出だしは芳しくなかったPS3も、ゲームソフトなどが充実し、安価になってきて、良さがだんだんと伝わり始めたようで、ここのところの売り上げは好調らしい。別にPS3が売れたからといって自分にとっては直接の益があるわけではないのだが、もし売れないと、このような本当に良い製品が次回に繋がらないで世に出る機会を失ってしまうかもしれない。それを懸念しているわけである。

前置きが長くなったが、PS3は実際のところどうなのか。

私は平均して大体一日一回は起動している。別に毎日ゲームしているというわけではなくて、「まいにちいっしょ」内でニュースが配信されるからだ。世の中のちょっとした情報を知るのになかなか良い。トロとクロの掛け合いも和むし面白い。因みにこれは無料のコンテンツだ。また、ゲームソフトは複数持っているが、「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」あたりを最初にプレイするのが良いだろう。あまり人を選ばないと思うし、非常に面白かったからだ。ほかにも多くの体験版がPLAYSTATION Networkから無料でダウンロードできるのでそれで遊ぶだけでもかなりのボリュームがある。

PS3はAV機能がありえないほど充実している。Blu-ray(BD)はもちろんのこと、BD-Live対応DVDのアップコンバート機能、インターフェイスにしてもHDMIや光デジタルなどなんでもござれだ。特に、BDについては一度フルハイビジョンで鑑賞して欲しい。DVDが観られなくなるほどだ。実際、自分はBDの画質を知ってからはDVDを買わなくなってしまった。それほど違いがありすぎるのだ。

ほかにDLNA(メディアサーバ機能)としても活用している。これを使えば、PCで録画した番組をPS3を通して自由に再生することができる。PS3上で表示できることはもちろん、PS3から無線LANやインターネットを介してPSPで観ることもできるのだ。PSPからPS3の電源を立ち上げることができるので、PS3の電源をつけっ放しにする必要もない。

これらのAV機能はどうせゲーム機のおまけだろうと考える向きもあるかもしれないが、スーパーコンピュータの代わりにもなるほどのPS3に搭載されているCellの機能を生かすことで非常に高性能になっている。AV機器としてみれば30万円の価値があるとも云われるほどだ。BD-LiveなどでもPS3で利用できるグラフィカルなエフェクトが、ほかのBDプレーヤーでは力不足のため表現ができなかったりするぐらいだ。

以下、参考サイトを挙げておく。

PS3を購入する、これだけの理由
PS3をAV機器として評価する(前編): 進化するAVプレーヤー、PS3
PS3をAV機器として評価する(中編):“AVプレーヤー”にとどまらないPS3
PS3をAV機器として評価する(後編): 本格AVシステムへも展開するPS3

もし、PS3を持っている知り合いがいるのなら、是非使わせてもらおう。フルハイビジョンTVとAV環境が整っていれば尚良い。その上で自分自身で判断をしてもらいたい。

0 コメント: