2008年12月23日火曜日

OpenGL: Visual C++ 2008 Express EditionでGLUTを使う

このブログ記事をはてなブックマークに追加

WindowsにVisual C++ 2008 Express Editionをダウンロード・インストールする。このバージョンではPlatform SDKは同梱されている。

GLUT for Win32からglut-3.7.6-bin.zipをダウンロードする。ファイルを展開し以下に示すフォルダにコピーする。

glut.h → C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Include\gl glut32.lib → C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Lib glut32.dll → C:\WINDOWS\System

これで準備完了。因みにglaux.libは存在せず、リンクする必要はなくなっている。

使用例

C++: OpenGLで正十二面体を回転させるで示したソースを dodecahedron.cpp として保存し、以下のコマンドをコマンドプロンプト上で実行する。Visual Studio 2008へのパス(C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\Common7\Tools)は通しておくこと。

vsvars32 cl dodecahedron.cpp /O2 /FIwindows.h dodecahedron

これで回転している正十二面体が表示されるはずだ。

0 コメント: